形状記憶合金の加工・販売・少量試作もお受けします | 株式会社 吉見製作所

0562-48-3890

営業時間:平日9:00〜17:00

医療・航空・農業など、
様々な用途での開発をサポートします。

試作開発

脳ベラの開発 (2009年)

従来の脳ベラはステンレスあるいは銅合金で作られています。これらの脳ベラは手術中に曲げることによって永久変形が起こり、手術後に製品をたたいて伸ばす必要がありました。これに対して形状記憶合金製脳ベラは滅菌時にオートクレーブ(高圧蒸気滅菌装置)に入れるだけで自動的に元の形状に戻るため手間を省くことができます。


さらに従来品では数回使用すると脳ベラ形状の復元ができず、凹凸が残るので消耗品としていたものが、何百回と使用する事が可能となりトータルコストを大幅に下げることができます。脳外科医師をはじめオペ現場関係者からは手術中の操作利便性の高い脳ベラが求められていましたが本製品は現場のニーズに応えるものであり、高い市場性を有するものと考えています。



なお、本試作開発は補助金(経済産業省中部経済産業局新連携計画認定事業)を活用して行いました。