形状記憶合金の加工・販売・少量試作もお受けします | 株式会社 吉見製作所

0562-48-3890

営業時間:平日9:00〜17:00

会社概要

社名 株式会社 吉見製作所 YOSHIMI INC.
代表者 代表取締役会長 吉見 幸春 Yukiharu Yoshimi
代表取締役社長 坂 一宏 Kazuhiro Ban
所在地 〒474-0038 愛知県大府市森岡町八丁目127番地
8-127,Morioka,Obu,Aichi,Japan 474-0038
TEL:0562-48-3890 FAX:0562-48-5641
会社創立 1952年6月
株式会社設立 1973年8月
資本金 1000万円
業務内容 形状記憶合金(Shape Memory Alloy:SMA)の加工販売

代表あいさつ

代表取締役社長

坂 一宏

弊社は1952年(昭和27)に架線金物製造業として始まりました。規模としては今より大きかったのですが大手の下請けをしており、大変な苦労をしたと聞いております。頑張っても報われず、従業員も疲れ切っていました。
「自社製品を持ちたい」という強い思いから、2代目社長吉見幸春の時に前職場の大同特殊鋼様と形状記憶合金の事業を立ち上げました。この合金を何に使おうかと考えた際、仲間に釣り好きな人がいて、「釣具を作ったらどうか」という一言から形状記憶合金製釣具の製造・販売をはじめたところ大好評をいただき、現在でも業務内容の大きな割合を占めるに至っております。釣りは趣味として様々な職業の方がされており、「この材料はこれに使えるのでは」というお問い合わせも多く、医療機器、航空宇宙など幅広い分野で試作開発・量産を進めております。
形状記憶合金は1963年にアメリカ海軍兵器研究所で発見され、銅や鉄などの金属と比べてまだまだ歴史の浅い材料であり、多くの応用可能性を秘めています。今後も形状記憶合金の加工を通じて世の中に貢献し、従業員も誇りをもって働けるような会社であり続けたいと思います。

弊社強み

①:形状記憶合金に関する技術力がある
  加工(圧延、切削、曲げ、熱処理など)ができる
  燃焼合成法による鋳造材の製造、精密鋳造ができる(日米特許取得)
②:釣具など自社製品を製造しており、常に材料在庫を持っている
③:お客様からのお問い合わせ・試作依頼にスピーディーに対応できる
④:各分野の企業・大学・研究機関との幅広いネットワークがある

沿革

1952 (昭和27) 6 愛知県名古屋市にて吉見鉦二が架線金物製造業としてスタート
1973 (昭和48) 8 資本金100万円で株式会社設立
1974 (昭和49) 8 資本金200万円に増資
1976 (昭和51) 10 愛知県大府市北崎町に本社を移転する
1986 (昭和61) 3 形状記憶合金を使用した製品開発に入る
セラミックフィルター用バネ開発
1986 (昭和61) 8 吉見幸春が代表取締役に就任
1987 (昭和62) 6 資本金300万円に増資
1987 (昭和62) 9 形状記憶合金製釣具(天秤、仕掛け)を開発
1992 (平成4) 3 資本金1000万円に増資
2003 (平成15) 5 形状記憶合金の精密鋳造品を開発
2005 (平成17) 3 医療機器製造業・医療機器製造販売業取得
2006 (平成18) 10 形状記憶合金精密鋳造法で米国特許取得
2012 (平成24) 9 動物用医療機器製造業取得
2015 (平成27) 12 愛知県大府市森岡町に本社を移転する
2016 (平成28) 7 夢の腰サポーターを開発
2017 (平成29) 8 吉見幸春が代表取締役会長、坂一宏が代表取締役社長に就任

アクセスマップ

<公共交通機関でお越しの方>

鉄道

JR大府駅西口より徒歩15分

知多バス大府線

大府駅西口 → 大府森岡下車、徒歩3分

(1区間、4分)

所属・登録など

大府市商工会議所 / 中部医療機器工業協会
形状記憶合金協会 / あにまるすまいる / モーフィング技術研究会 / スマート材料アクチュエータ実用化研究会

医療機器製造業 / 動物用医療機器製造業